\

神奈川県川崎市のアルバイト

たこやき屋は活気があり、スタッフと楽しく働ける職場のイメージがあります。働いている人も頭にバンダナを巻いて、Tシャツ一枚で、元気に「いらっしゃい!」と声を出しています。粋な働く場と言えるでしょう。

一方、具材を運んだり混ぜたりと力いった仕事もあり、火を使うので夏場は汗だくになります。体力勝負です。

店舗は比較的、狭いので、動くにも神経を使います。仕込み中の具材を落としてしまったなんてことになったら、大変です!洗い場や、仕込む場所、レジのある位置など、店内の構図を事前に把握しておくことが必要です。

人間関係の面では、店長や仲間との距離が近く一体感を持って働けるし、お客さんとの距離も近いので、常連さんとのたわいもない世間話で盛り上がったりもします。従業員も少数なので、上下関係から生じるいざこざも少ないでしょう。

たこやきを上手に焼けるようになると、嬉しくなります。頃合いをみて竹串で刺して、ひっくり返した時のドキドキ感、中身がフワッと、外がパリッと焼ければ、思わず自分でも食べたくなってしまいます。

上手に焼けるようになるには、ある程度の練習はいりますが、厳しい訓練や修行まではいきません。コツを覚えてしまうとスムーズにいきます。要は粉と火力の調整です。最初に鉄板を強火で熱くして、具材の入った生地を均等に流し込んだら弱火にする。仕上げはまた強火して焼いていくと上手く焼けます。「強→弱→強」ですね!